古物 atelier+

大分県竹田市竹田2648-1
土・日 (不定休) 13:00-夕刻

mail:letempstendre@yahoo.co.jp

只今ドアを閉めております
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
作品一覧






造形作品の始まり











枯葉 鳥



花入




古い硝子を思った作品

 
無色

ガジュマルの木の下

言葉もいらず

なにも浮かばず

無くなっていくような

無色の感覚
作品
とてもゆっくりではありますが

制作を続けております

販売の準備が整いましたら

お知らせをいたします

お問い合わせいただいた方には

不義理して申し訳ありません

もう暫くおまちください



 
欠片

硝子は

時時

美しい姿をみせてくれます


 
みなさまへ
熊本地震から一ヶ月半が経ち余震も落ち着いてきました
竹田のお店、熊本の自宅とも大きな被害はありません
たくさんのメールと電話をいただき
みなさま、本当にありがとうございました
ふとした言葉になぜか泪がこぼれ
「ほんとうにもう時間がないんだ」と、ある唄の歌詞を思いだす
あたりまえの日常は
あたりまえではないのだと
わかっているようで
わかっていなかったのだと
なにかを見直すように
そしてなにかを受け取るような今日までです
現在、cotoは不定休でドアを開けております
お越しの際はお問い合わせいただけると幸いです

竹田の町は、皆元気にお店を開けております
近くをお通りの際は、ぜひお立ち寄りください^^

尾込真貴子

美しい繭に包まれた

お茶の席

突然の訪問にも関わらず

ありがとうございました
 
舞うころ

台所からこの風景をみたのは

3年前の桜の舞うころ

この場所に決めてよかったと喜んだものです^^

cotoを始めて

いただいてきたものことは数知れず

感謝しかありません

マイペースな店ですが

正直に自分のおもうことをかたちに

いつか実となるように


 
たけたふるもの 弐 02
たけたふるもの 弐

終了いたしました

心より

ありがとうございました

古物 さる山
設え 草刈淳
オオヤコーヒー
コーヒーの味が道具で大きく変わらないなら
コーヒーの道具はもっと美しいモノがいいのではないか?

もしコーヒーの道具がほんの少ししか味に影響を与えないなら
コーヒーの道具はもっと食卓を素敵にしてくれるのでは?

よく解らないコーヒーの道具の説得力から解放されたら
もっと好きなものに囲まれた生活ができるかも!

たくさんのコーヒーの道具
何が必要で何が不必要か
それを知るための知識は美味しいコーヒーの知識です
嫌いなモノを排除し好きなモノを取り入れる知恵は美味しいお料理の知恵です

モノや時から学んでいくコーヒーのお話です
素敵と美味しいの話です                    
                             オオヤミノル



日時 2月7日(日)

時間 12:00-14:00

参加費 3000円

お申し込み letempstendre@yahoo.co.jp 
            お名前・電話番号・参加人数を知らせください

お問い合わせ 090-7980-3640(おごもり)

*ただいまキャンセル待ちとなっております



焙煎家オオヤミノルさんのコーヒーと素敵と美味しいの話

当日はオオヤカフェもお愉しみいただけます

11:00-17:00
コーヒー・豆(マンデリン 中・中深)・オリジナルのネル・道具の販売をいたします


皆さまのお越しをお待ちしております

アンチオオヤコーヒーのみんなも大集合!  byオオヤ















たけたふるもの 弐

それぞれの店主が選ぶ「色」「味」「形」「癖」を持ったふるいものたち

今年も集います

gallary傾く家ではデザイナー猿山修さんの手掛けた器

cotoでは「さる山」の古道具を展示販売いたします

心底冷える2月の竹田

様々な「あたたかい」をご用意してお待ちしております


2/6 7 13 14  *6日はトークセッションの為16時まで 

11:00-17:00

gallery傾く家/coto/月函/古物 三桁/咲う花/オレク倉庫

http://www.taketaartculture.com



トークセッション
「猿山さんと草刈さんの古道具の横話」

デザイナーで元麻布「さる山」店主 猿山修さんと
「古物三桁」店主 草刈淳さん
古道具やものづくりに携わるお二人に
「はじめ」「うつす」「このさき」をキーワードに
古道具を実際に手に取りながら仕事やその思いについてお話していただきます


日時  2月6日 (土)

時間  17:00-18:00

会場  古物 三桁 (竹田市大字竹田2624-1)

参加費  500円

お申し込み  taketaartculture@gmail.com
                 代表氏名・住所・連絡先・参加人数をお知らせください